Wedding Romance

 

top
    式のスタイル
 レストラン
   リゾート
   ナイト

基礎知識

準備
式までの流れ
式場選び

 

リンク

 

ハート

 

 

ハート

 

 

ハート

 

 

ハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蝶結婚式の基礎知識蝶

結婚式は新郎新婦も参加するゲストの方々も守らなければならないマナーという物があります。結婚式に集まるすべての人がこのマナーを守ることによって結婚式は円滑に楽しく行われるのだと思います。スピーチを行う方も言葉使いやスピーチの内容などに充分気を付ける必要がありますし、お祝儀も地域によって大体の相場が決まっていたり、金額は割り切れない数字が縁起が良いと昔から言われています。あとついつい遅れがちなのが招待状の返事。招待された方は早めに出席の不可を伝えなければなりません。これも立派なマナーの1つです。ゲストにとっては何回も参加する結婚式ですが、新郎新婦にとっては一生に一度の結婚式なのです。結婚式のおめでたい雰囲気やムードを

スピーチを頼まれたら・・・

スピーチを頼まれることはとても素晴らしいことだと思います。新郎新婦に信頼されている証なのですから。だからこそ、その来たいに応えて素晴らしいスピーチをしたいと思う方も多いでしょう。しかしスピーチは新郎新婦だけに贈る言葉ではありません。多くの幅広い関係のゲストが聞いても分かるような内容のスピーチを心がけるのが基本と言えるでしょう。あとは、一般的に言われる「忌み言葉」を使用しないように気を付ければ良いでしょう。「忌み言葉」とは、終わる、切れる、戻る、再び、ますます等の様々な言葉があり難しく思えますが、別れや結婚を繰り返すなどというような不吉なイメージが思い浮かぶ言葉は避ける!と心に留めておけば大丈夫でしょう。ちなみに、スピーチの平均時間は3分程度と言われています。短すぎると気持ちが無いと言うようなイメージを受けますし、長すぎても聞く方の感動や興味が薄れてしまいますのでご注意を!

受付を頼まれたら・・・

ほとんどが信頼の置ける身内の方が受付を担当します。結婚式での受付はゲストにとっては結婚式の第一印象に値するほど重要な役目となります。また、結婚式での受付はたくさんのお祝儀をお預かりするいわば銀行のような存在でもあります。ですからあとからお祝儀が無くなったなどとトラブルにならないようにするためにもきちんと両家から信頼の置ける人にお願いすることも大切でしょう。また、受付を担当する方は身だしなみや礼儀に充分気を付けることも忘れないで下さい。結婚式に来てくれた一人一人必ず挨拶とお礼を伝えましょう。また、受付ではゲストの方からお手洗いや更衣室、控え室などを聞かれることが少なくありませんので明確に伝えることが出来るように事前に場所を把握しておくと円滑に案内することが出来るでしょう。

会場到着~受付までの行動

ゲストの方は遅くても30分前までには式場に到着しておけるようゆとりをもって行動しましょう。言うまでもありませんが、結婚式での遅刻なんてあり得ません!!また、基本的に披露宴の会場には小さなハンドバック意外は持ち込みしないのがマナーとなっているようです。ハンドバック以外の物がある場合は事前に受付の方にクロークの場所を聞いておきましょう。

お祝い金のマナー

お祝い金は気持ちですからいくら入れないといけないという決まり事のような物はありませんが、やはりそれなりの相場という物が存在します。特に地域によっては一律いくらと決まった金額を入れる場所もあるようです。基本的にお祝儀は2で割れない金額が縁起的にも良いとされていますが、最近はペアを連想させる2万円という金額においては縁起が良いと言われる場所もあるようです。また、新郎新婦との関係によっても相場という物は異なってきます。例えば、親類の場合ですと5万円程度が望ましいと言われています。そして友人や知人の場合なら3万円程度が相場となっています。一番ややこしいのが、仕事関係の場合。同僚の場合なら友人や知人同様に3万円程度、部下の場合も3万円程度、そして上司の場合は5万円程度が望ましいと言われているようです。しかし、これはあくまでも全国的な平均ですのでその地域の相場に合わせるのが一番良いかと思います。

結婚式の服装マナー

一般的に考えて花嫁さんよりも目立ってしまう派手な服装をしてはいけません!言うまでもありませんが結婚式の主役はあなたではなく新郎新婦と言うこと。ウェディングドレスを連想させるような白いワンピースなどは極力避けたいものです。逆に上から下まで真っ黒というのも喪服を連想させてしまいますので結婚式のようなおめでたい席ではふさわしくありません。最近は何でもレンタル出来るありがたい時代で結婚式に出席するための衣装なども貸し出ししている場所が結構あります。結婚式用の衣装が無いという方も買うよりもはるかに安い金額で良いものが着れます。また、結婚式やパーティ、お祝い事が多い方にも毎回違う衣装を着ることが出来るのでとても人気が高いようです。お子様連れの方は、お子様にも子供ドレスや、なければ、シンプルで綺麗めの服など、場にふさわしい格好をさせましょう。

招待状返信のマナー

一番大切なのが招待状の返信です。どんなに遅くても招待状が届いてから1週間以内には出席できるのか出来ないのかを知らせる返事を送ることがマナーです。新郎新婦はその返信によって式場を決めたり食事のプランを決めたりするのです。また、出席できる場合は良いのですがどうしても結婚式の当日に予定がある場合は返信の際にその理由を添えてお祝いの言葉を伝えましょう。ちなみに、身内の不幸や法事などおめでたい席にはふさわしくない理由で欠席する場合は正直に伝えずに理湯を曖昧にした方が良いとされています。

内祝いのマナー

結婚式を終えたら、お祝い返しとして内祝いが必要です。金額的には大体お祝いの3分の1程度で良いでしょう。贈るものは相手が使うものを考えて選ぶのが無難です。タオルや石鹸、洗剤などの日用雑貨や、コーヒーなどの詰め合わせであればどのご家庭でも喜ばれることでしょう。誕生日プレゼント、内祝い、結婚祝いならメルシー工房をお勧めします。

結婚相談所

まずは結婚相手を見つけないと、という方は結婚相談所をしてみてはいかがでしょうか?結婚相談所を使うことのメリットもあると思いますのでぜひご覧下さい。

recommend

【公式】NoveLead(ノヴェリード)(@novelead_)さん | Twitter

2018/10/18 更新